砂糖について – むつう整体 みらいゆ品川


砂糖について


 

 

 

むつう整体みらいゆ品川スタッフの木村 順一です。

今回は、前稿『気づくと治る?』で触れた「砂糖」についてのお話をしたいと思います。

糖分を控える・・・こうしたお話はどなたも耳にされたことはあるでしょう。
糖分の過剰摂取が身体によくないということはみなさんよくご存じのことと思います。

今の日本は国民みな糖尿病予備軍、と言ってもいいくらい、糖分の過剰摂取が問題になっているそうです。

こういうお話になると
「白砂糖が悪いんでしょ?黒砂糖とか、蜂蜜とか、メープルシロップなら大丈夫でしょ?」
「オーガニックのものなら大丈夫でしょ?」
とおっしゃる方がいます。
でも、過剰摂取が行き過ぎると摂取自体が負担になるので、「まずは摂らない」くらいの意識が肝心のようです。

果物や料理に入れる甘味料の類も負荷になってしまいます。
糖分の過剰摂取が大きな一因となって、永らく症状に苦しんでいると思われる方は、まずは一切摂るのをやめるくらいの覚悟で、まずは1~2週間続けてみていただくと、身体に何かしらの変化が起こります。

そしてある期間頑張って、体内の過剰な糖分が抜けきると症状の改善だけでなく、いろいろなところが好転していきます。また、多少のストレスには負けにくい安定した体質になるので、その後は「糖分控えめ」くらいの生活にしていただいて良いと思います。

むつう整体創始者 木村 仁の著書でも砂糖のことが書かれています。
『ゼロ波動の癒し[入門編]

p.190~193に記載されています。

ぜひご一読ください。

ちなみに、果物であれば、自然になった柿などは大丈夫だそうです。
食べ過ぎにお気をつけて。

お読みくださり、ありがとうございました。